Series

HOME | Series

Act01【自由設計】

シンプルな外観のACT1BAHTのベースプランとなります。
ハイスペック+自然素材の融合でオシャレと性能を同時に実現できる仕様となっております。

bahtいわきのact01夜の外観 bahtいわきact01のリビング bahtいわきact01のキッチン bahtいわきact01のダイニング bahtいわきacr01の和室 bahtいわきact01の洗面所 bahtいわきact01の玄関ホール act01_17.jpg act01_02.jpg act01_14.jpg

Act02【自由設計】

更にこだわったイメージのACT2は、アメリカン&カントリーを本物志向でこだわれるプランです。外観と内装をとことんこだわれるACT2は一切の妥協をしないプランとなります。

baht house act02の青壁のリビング写真 baht house act02の白壁のリビング写真 baht houseのリビングカウンター写真 baht house act02のキッチン baht house act02の玄関パントリー写真 baht house act02の玄関シュークローク写真 baht house act02の洗面台 baht house act02の吹抜け写真 baht house act02のドア写真 baht house act02の電気スイッチ写真

Standard Spec

ベタ基礎
 

ベタ基礎

ベタ基礎とは、立ち上がっている部分と床一面を、鉄筋を入れたコンクリートで一体化して、大きな面で家の重みを支えます。耐震性を高め、床下の地面をすべて厚いコンクリートで覆うので、湿気が建物に伝わりにくくなります。そのため、湿気による住宅の木材の腐食等の心配も減ります。さらにコンクリートも厚いのでシロアリによる被害も防ぎやすくなります。

 
 
高断熱高気密
 

高断熱高気密

高断熱とは、精度の高い建築部材や、防湿シート、断熱材、気密テープなどを使ってできるだけ隙間をつくらないように建てられます。 高気密とは、壁と内壁の間に断熱材を入れ たり、断熱性の高い窓を採用して断熱性能を高めています。 高断熱高気密な家は、冷暖房で快適な温度にした室内の空気が逃げにくく、外の寒さや暑さの影響を受けにくくなります。また、省エネで光熱費を抑えることができます。

 
 
耐震等級3建築
 

耐震等級3建築

耐震等級3建築とは、耐震等級1の1.5倍の地震力に耐えられるだけの性能・耐震強度水準です。住宅性能表示制度で定められた耐震性の中でも最も高いレベルであり、一度大きな地震を受けてもダメージが少ないため、地震後も住み続けられ、大きな余震が来ても、より安全です。消防署・警察署は、多くが耐震等級3で建設されています。

 
省令準耐火構造
 

省令準耐火構造

建築基準法で定める準耐火構造に準ずる防火性能を持つ構造の住宅のことで、「外部からの延焼防止(隣家などから火をもらわない)」、「各室防火(火災が発生しても一定時間部屋から火を出さない)」、「他室への延焼遅延(万が一部屋から火が出ても延焼を遅らせる)」といった特徴があります。

 
 
自由設計
 

自由設計

BAHTの自由設計は、細かいヒアリングからお客様が描くライフスタイルをもとに、ご希望の間取りや仕様を標準装備の中から選ぶことで、お客様一人一人の自由設計が実現します。もちろん、間取りの変更はご納得いただくまでしていただけます。

 
 
みんなの愛情
 

みんなの愛情

BAHTではスタッフ・職人さんみんなが自分の家だと思いお客様と一緒に造ります!